資格試験に合格する

私にも経験あるんですが、社会人だけど、今の職ではなく、他の特定の職業に就きたいと願うことがあります。この職業は、資格が必要な場合が多く、勉強が必要だったりするわけです。

社会人は言うまでもなく、二中は仕事をしているわけで、夜も帰りが遅い場合も少なくありません。つまり、その資格のための勉強をする時間を取るのはなかなか大変というわけです、社会人は。

そんな忙しい社会人が資格を取るために利用するのが「通信講座」です。講座を取ろうが何しようが時間がないのは同じなのですが、通信講座を利用することによってその時間の捻出を工夫したり、はたまた、本来必要な時間を短縮することも可能です。

社会人が通信講座を利用するメリット

例えば、社会人だから通学で学習する時間がないからこその通信、ということも時間の捻出につながるし、独学で勉強するのに必要な時間をプロの講師に教わるという、資格取得までの時間の短縮も通信講座を取るメリットと言えます。

できるときにできる分の勉強が可能ということも時間のない社会人にとっては強い味方になり得るし、通勤時間や昼休みなどの、細切れの時間を勉強時間に当てるということお通信講座だからこそなせる業です。

このように、社会人が資格取得をするための強力なツールとして、通信講座は存在意義を見出せることができるのです。

勉強

社会人が行政書士試験に最短合格するためには

さて、社会人に人気の資格はいくつかありますが、男性に人気の資格に行政書士がありあす。行政書士は法律系の国家資格で独立開業も可能な人気資格と言えるでしょう。行政書士になるには、毎年1回実施される試験に合格する必要があります。なかなかの難関試験と言えます。

行政書士試験に合格するアデノ勉強時間ですが、一般的に、独学で800~1000時間の勉強時間が必要とされています。もちろん個人差ありますから、あくまで参考にとしてみて頂きたいのですけど。

通信講座が必要な理由

個人差あるといいましたが、短い人だと300~400時間程度で行政書士試験に合格している人も存在します。きっと、時間の使い方がうまい人なのだと思います。忙しい社会人だからこそ、できるだけ効率的に、無駄を排除して行政書士資格取得のために短い時間で合格。ある意味、社会人だからこそこんな短期間で合格できたといえるのだと思います。

実はこの300時間強で行政書士試験に合格していった方は、通信講座を利用して一発合格していった方です。初学者で社会人でも通信講座で勉強すれば、こんな短期間の勉強でも合格が可能なんですね。

通信講座では、行政書士試験を知り尽くしたノウハウごと学ぶことができます。そして、独学で学ぶよりも知識の取得が早い。試験勉強は範囲をまんま勉強するのでは、短期合格は望めません。そんな時間はないからです。

試験において大事なところとそうでないところのメリハリ付け。あるいは、大事でないところを切ってその分大事なところに集中的に投下。こういった取捨選択という作業も大事です。通信講座はそれが可能なんですね。

あまり時間のない社会人が行政書士試験に最短で合格するためには通信講座は必要です。そう言い切ってしまっても問題ないと思いますよ?

高い合格率を誇るフォーサイト

行政書士試験の通信講座はたくさんあります。そのなあデモオススメと言えば、フォーサイトになりますでしょうか。フォーサイトは通信の資格講座を数多く手がけている企業で、宣伝費をあまり使わないので一般的にはあまり名は知られていないかもしれません。しかし、インターネットの口コミではその評判が広まって有名になりました。

それは、高い合格率です。これって大事ですよね?合格率。フォーサイト行政書士の受講生の合格率は、平均の3倍以上になります。人情として、少しでも合格できる可能性のある講座を取りたいという心理は働きます。そのうえでこの合格率なのですから、これは本物なのかもしれません。

費用も安いし、内容もしっかりしています。私もおすすめしたいです、フォーサイトの行政書士講座(笑)。➡ 行政書士の通信講座はフォーサイト